ページの先頭です。

古いブラウザでご覧の場合、スタイルシートによるレイアウトが無効になる場合がございます。ぜひ最新のブラウザでご覧ください。

メニューをスキップし、本文へジャンプします。

私たちの事業

Home > 事業内容

私たちの事業 ポリドラム 1tコンテナ フレコン 袋 のマテリアル リサイクル

一つ前のページに戻る

マテリアル リサイクル 適正処理 ポリドラム、1tコンテナ、フレコン袋

当社は廃プラスチック(以下、廃プラ)のリサイクルにおいて、熱源としての活用を謳うのではなく、 貴重な有効資源と位置づけ、マテリアル リサイクルに特化した事業を行っています。
マテリアル リサイクルによる廃プラの再生原料化から再生プラスチック製品の生産 及び再生プラスチック製品の企画・販売まで、一貫したプラスチック リサイクル ビジネスを展開しています。 当社では化学の知識をベースに、化学処理・水処理ラインを強みとして、 マテリアルリサイクルが困難とされてきた薬品付着廃容器や着容器フィルムなど幅広い業界から廃プラを回収して排出業者様のご期待に沿うべく リサイクル システムを構築してまいりました。こうした実績から現在多くの環境経営をリードする 企業様の信頼を得てお取引させて頂いています。

廃プラ回収事業

当社では、排出事業様において発生するオレフィン系(PE・PP)の各種廃プラを回収しています。 現在取り扱っている廃プラは、20Lや200Lドラム,1tコンテナなどのブロー成型容器、包梱用のストレッチフィルム、 PPバンド、フレコン・バッグ、樹脂パレット、各種プラスチックボトル、樹脂製廃材などです。 このほかにもさまざまな廃プラ製品を排出事業様の現場で確認したうえで回収しています。 【廃プラスチック 受入れ可能品目】

車両

ほぼ全国を網羅した産業廃棄物収集運搬許可取得済み4T・10Tトラック、4Tパッカー車のほか国内ではまだ稀な10Tパッカー車を所有しており、全国から当社リサイクル工場まで廃プラを運搬しています。

車両

マテリアルリサイクルイメージ

当社のマテリアル リサイクル事業は、主に産業廃棄物としての廃プラを原料として取り扱っております。 産業廃棄物に特化している理由として、一般廃棄物では、色々な不純物が混在している為 分別が困難でありコスト高や、再生 プラスチック製品の品質低下につながるためです。 当社は、廃プラを燃料ではなく再生 プラスチックとしての再資源化を考えており、 再生 プラスチック製品の品質を保つ為には、回収する廃プラの品質にもこだわらなければなりません。 そのため、排出元様からは当社のマテリアルリサイクルの理念をご理解いただいた上で、 日々の製造工程で発生する使用済みの容器(ポリドラム、1tコンテナ、フレコン 袋 等)を ある程度分別いただいた状態で御引取させて頂いております。 回収された廃プラは、中間処理の許可を持つ当社リサイクル工場に搬入されたのち、 8つのリサイクルラインおよび5つの再ペレット化ラインのいずれかに投入されます。 リサイクルラインでは、前処理(異物分離・選別、破砕)→溶融→減容・造粒→ペレット化・成型のプロセスを経たのち、 再びプラスチック製品として生まれ変わります。
当社では化学の知識をベースに、化学処理・水処理ラインを強みとして、 マテリアルリサイクルが困難とされてきた薬品付着廃容器や汚物付着容器フィルム、 ラミネート樹脂など幅広い業界から廃プラを回収して排出業者様のご期待に沿うべく リサイクルシステムを構築してまいりました。
【マテリアルリサイクル フローについて】

自社成型

当社では再生原料を用いて自社工場内でプラスチック製品を製造しています。現在では100T/月生産し、主に自動車業界や鉄鋼業界へ木材の代替品として販売しています。廃プラ原料の物性を安定させることが極めて重要であり、リサイクルラインと成型ラインの連携や品質検査など当社の徹底した一貫生産システムのもとで自社製品化に成功しています。今後当社独自の再資源化マテリアルリサイクル技術により、オリジナルブランドのリサイクル商品の開発を積極的に推進し、21世紀の循環型社会に貢献していきたいと考えています。

リサイクル事業 リサイクル商品

このページのトップに戻る